こころに潤いを。

こころに潤いを与えたい20代おんなの雑記。基本記事が長い為 流し読みがオススメ

女性の生理【男性の力が頼りになる】

 

こんばんは、 わたくしごとですが

生理2日目の辛さで 1日 へたりこんでおります

こころです。

 

不安症とか 自律神経失調症だとかそういうメンタル面に関わることと同時に月一で襲ってくる 

 

女性の生理 というもの。

f:id:mental_location:20180619221632j:image

 

男性の方にはなかなか ぴんと来ないものだとは思いますが、これには ただお腹が痛いというものではなく

女性ホルモンの波 というものも、大きく関わっています。

なので、生理痛には個人差があるようです。

 

私は 比較的重い方で、

PMS(ホルモンバランスの乱れにより、起こる月経前症候群)  というものも起きます。

 

私の場合は、それがある月とない月の波がありますが なかったら なかったで 生理開始とともに  急に 大きな負荷がかかります。

(私の生理痛について)

↑個人差があるので。

 

  • 目が開けられない程の頭痛 と共に 痛すぎる為に起きる吐き気 

 

  • 月によっては PMS(月経前症候群)を強く起こすので、疲れやすく かなり情緒不安定になります。(これについては 今は 寝る前にだけ抗不安薬を処方されているので、今のところはまだ ましな方。)

 

  • 情緒不安定がきつい時は、いきなりヒステリーを起こし わーわーと子供のように泣き始め 収拾がつかなくなり パートナーを困らせたり、 とにかくイライラが収まらず 若すぎた当時は 相手に ひどい言葉を言ってしまったり と     それはもうひどいものでした。

 

  • 体温調節ができない。 暑い時と寒い時の体温調節がいつも以上にとれない

 

そして、 今までの記事でも少しお伝えしましたが  生理前後は 便秘がひどくなったり お腹が緩くなったりということも。

 

私の場合、アレルギー体質もあるのか

生理前後に あまり普段食べないものを食べると 突然の吐き気に襲われ 嘔吐してしまったりもしばしばあります。

 

もともとある 少しのアレルギー体質が 強く反応しやすくなったりもします。

 私は 甲殻類アレルギーを持っているのですが 

本当はそこまで 強いアレルギー数値ではなかったのです(検査結果)

 

ほんの少しのアレルギーがあることを知らず学生時代 友人達と お寿司を食べに行った時のこと。

◆生理前後で 体調も悪かった

◆雨の日だった為 体温調節が上手くできず体が非常に冷えていた

 

そういった中でアナフィラキシーショック

を起こし 救急搬送されたのです。

当時 19歳でしたが、 あの時は本当に死んでしまうのではないかというほどの 腹痛で

立ち上がれず 意識が朦朧とするほどでした。

 

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・

話はアレルギーに行ってしまいだいぶそれてしまいましたが、

 

生理前後というのは、自分の体の弱い部分が特に悪い方向に出やすかったりします。

 

これは男性の方に知っておいて貰いたいことなのですが、

生理中の女性のイライラ  暴言  ヒステリー

の被害にあってしまった方がほとんどだと思います。 

 

でも 彼女たちは、やってしまったあと 失言を言ってしまい 男性  パートナーを傷つけた あとの自己嫌悪   にも苦しみます。

 

ああ…またやってしまった… 

どうして私はこうなんだろう  と自分を責めてしまいます。

 

月経前症候群  や 生理後にも体調が優れないものですから、月の半分は 具合が悪いことが多いです。

 

彼女たちも好きで 自分のヒステリーに振り回されてるわけではなく、 あなたが憎くて 酷いことを言っている   わけではない

ということを  男性の方には ご理解頂けると 

彼女たちも 本当に感謝すると思うのです。

かといって、 男性も 理解はあっても女性のはけ口 サンドバッグになる権利はありません。

 

私はよくそれで 人を傷つけ 失敗したことも沢山ありますが  1つの対策を生み出しました

 

◆しんどくなりそうな時は前もって、「私 もうすぐ生理が来そうなので イライラしやすくなってしまうかも… あなたを傷つけたくないから その傾向が見られたら ちょっと距離置いて  遠目で見守っていて」と お願いすることにしました。

 

◆とにかくしんどい時は無理をせずに男性 (パートナー)に頼ることにしました。 体がしんどい中無理して自分でやろうとすると さらに 頭がパンクしヒステリーを起こす原因になるので… 

 

自分の生理周期のカレンダーを相手に画像として送る。(いつ頃から しんどくなり始めるのかを 何となく眺めてもらうため)

 

◆男性(パートナー)が 手助けをしてくれた時には、本当にありがとう と感謝の気持ちをきちんと伝えるようにしました。

でも実際 そうなんです。

 

男性の方に少しでも知っておいて欲しいことは、心が不安定で 体がしんどい時に 手助けをして頂けると 本当に助かりますし 

男手とは本当に頼りになります。

 

自分じゃ 負担になる 体力のいることも

男の人に少し手伝ってもらうだけで 本当に体への負担がぐんと減ります。

 

私が 具合が悪く、動けない時に 

黙って 洗い物や洗濯を終わらせてくれていた

彼や 父 のことを本当にありがたく思い感動した記憶があります。

 

この歳になり ようやく気づいたこと。

男性は 基本 家事がとても苦手

だということ。

人にもよりますが、 洗い物、洗濯物、お掃除 そういったことが 女性の何倍も苦手なんですよね。

なのに それをこちらの体調を気遣い手助けしてくれる という行為に 嬉しさを覚えたりします。

その分 私も相手を支えたいと 感じられるようになりました。

 

男女は 支えあって 上手くいくのですね。

いつでも支えてもらっていることを意識して 

無理せずに頼る。 

そうして過ごしていきたいと思います。

 

 

✲*゚おしまい✲*゚

 

 

劣等感。隣の芝生は青く見える

 

私は 子供の頃から 劣等感というものがとても強いです。

 

自分は自分、人は人。 

その人にはその人にしかない良さがある。

 

と頭では分かっているんです。言い聞かせようとしています。

 

でも、すぐに他人と自分を比べてしまい苦しんでしまう

 

一時期は、なんだか 自分に自信があった時期もあり 脱出できていたんですが 

 

今はまた その負のスパイラルにハマってしまっています。

なので、これを記帳することにしました。

 

f:id:mental_location:20180619084609j:image

できた事リスト。

なんだか 子供みたいですよね? (笑) 

でも 今の私にはこれが必要なんです。

自分で自分のできたことを褒めてあげること。


f:id:mental_location:20180619084601j:image

読んだ本リスト。

当時 読書がとにかく苦手だった私が

珍しく読破できている 本達のリストを作りました。

読めなかったものは 読めずと書きますが。
f:id:mental_location:20180619084605j:image

百均ですが、 柄と ペンの可愛さに惹かれて。

 

すぐに 他人と自分を比べてしまい苦しいですが、 それでも そんな自分にもがいてみてはいます。

 

✲*゚おしまい✲*゚

不安症な人ほど 地震対策を。

大阪で大きな地震がありましたね。

とても怖いです。こちらは震度3で済みましたが   揺れるところに身動きが取れず固まるさなかに   先日からのお腹の痛さにも耐える私。

 

あ、 こんばんは 。お腹を下す2日間を過ごしたかと思えば 予定より 7日早く 月一の女の子の日がやってきました こころです。

 

女性なら おわかりの方もいるかとは思いますが、直前って お腹の調子がどことなく悪くなったりしませんか?(´-`).。oO 

 

 

と その話は置いておいて。

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・ 

 

不安神経症心身症 の人達こそ地震対策を。  

 

私自身  過敏症や 不安神経症な部分があり、

1つの不安事があると、どんどん 積み重なり 

気づけば その不安感を取り除くためにネットのググりの連鎖で寝れない。 

 

なんてことが度々ありました。

当時、築20年以上のマンション4階に住んでいた頃 昼間に 地震の緊急アラート

が鳴り響き  その直後に 震度4ほどの地震がやってきました。

 

当時は結婚しており、 昼間 バイトが休みだった私は家におり 揺れるマンションの恐怖心

が震度4 でさえ 強く記憶に残っています。

 

原因としては

家に1人でいるということ

揺れているときはどうしたら良いのか具体的には分からなかった

 

当時 引っ越したてで 避難場所 がどこなのか具体的に調べていなかった。

 

関東大震災や 九州の震災の様に、前揺の可能性も否めない という事が頭をよぎる

 

何よりも 避難準備 を一切していない。

 

お恥ずかしい話ですが  地震などに慣れてない私は 当時はとにかく無頓着で、とりあえず 出入口 確保という 術すら 頭に浮かんでこなかった。

 

おまけに 自分の性質で 不安に不安を煽り 眠れなくなったので、

備えあれば憂いなし   この際だからと 防災避難グッズを バイト代をの何割かをはたき

大人買いしたのでした。

 

それがこちら。

f:id:mental_location:20180618224957j:image

 

◆防災避難のグッズがあらかた詰まっているリュック ( ⊃´-`⊂ )

 

◆ソーラー式の LEDライト付き ラジオ 

(こちらはUSBを差し込む部分があり スマホなどの充電も可能です) ✲*゚

 

◆お世話になっている方に教えて頂いた、 

簡易式 ガスコンロ

 

◆パックに直接お湯を注ぐだけで ふっくらとした ご飯ができあがる 非常食達

 

◆メッシュのあみ付き。キャンプ等にも使える 小鍋セット

 

 当時の私も よくもまあここまで 徹底的に揃えたなと 珍しく当時の自分に感心しました、、、

それだけ 自分の不安感の強さを思い知りました。

 

本当は これに、非常用の お水2リットル×12本

セットまで 購入していたんですが それはもう飲んでしまったのか 母にどこかに仕舞われたのか不明です… 

 

次に起こるのではないかという 不安感が拭いきれずにいるときは、

この際 徹底的に 防災グッズを揃えると 

いくらか心が 落ち着きます…。

 

旅行先に対しても 私は 予期不安というものがあるので 相当な準備をしていくものですから

荷物がパンパンになり たまに周りに苦笑されることも …(笑) 

 

でも、それいる?! と言われるものでも

案外 周りの方の役に立ったりする場面もあるんですよ゚・*:.。❁( ⊃´-`⊂ ) 

 

特に、 不安神経症心身症の私に 旅先での必需品なのが

  • マスク
  • 薬用リップ
  • 酔い止め
  • ハンカチではなくタオル 
  • 除菌ウェットティッシュ 
  • 心を落ち着かせる漢方薬 
  • 痛み止めや絆創膏

この辺は  割とかかさず 持っているような気がします。

 

全て自分の心を 落ち着かせる為のものです。

心身症で 近頃 メンタルクリニックに ちょこちょこ通うようになった身ですが 

こうなる前から、 ちゃんとした不安神経症 

らしさが良く見えて なんか 笑えるような 

笑えないような。(´-`).。oO 

 

人って緊張すると、唇を舐める習性があるようなので 薬用リップは塗るだけでも落ち着きます。

飛行機や新幹線なんて マスクは 最適ですね。

顔が半分隠れてるだけで 安心感は圧倒的に違います。

 

あと、ハンカチではなくタオル。

これは個人的  私が重度の多汗症のためです。

ひどい時は携帯も 紙も  何もかも濡れるので 

濡れたままでいると ものを汚すし、

自分の手も冷えてしまう。  そういった時の為にハンカチではなくタオルの方が良いです。

 

除菌ウェットティッシュは 普通のウェットティッシュよりも 断トツで除菌を選びます。

潔癖症ではないですが、スマホの画面が トイレの便座よりも汚いという 事実をネットで見かけてから  スマホの画面なども 度々吹きたくなります。

 

そんなにいらないでしょー と言われますが、

それぞれは 私にとって ちゃんと意味があっての事なので 良しなんです。

 

人には 個性があり こだわりがあるように、

私のこれも それと一緒だと思い 

そんな自分も受け入れた結果 だと思っています。

備えると安心するので 思いついたら 

すぐにAmazonで検索 検索ですね✲*゚

☆~(ゝ。∂)

 

 

✲*゚おしまい✲*゚

◆◆皆様にお礼とお詫び◆◆

f:id:mental_location:20180618011018j:image

(お庭で花開くペチュニアさん)

 

 

通りすがりの方も 、度々足を運んでくださる方も いつも 本当にありがとうございます。 

突然ですが、私の記事はとても長いです。

私自身、降って湧いた事や、過去の記憶が蘇った時に そのまま 思いつきで長々とした記事をかくことが多いんです。

 

(こんな長すぎる記事、自分でも読んでてウンザリしてくるし 最後まで読めたもんじゃないよね…  )などと 自分で感じながらも つらつらと書いていると落ち着くんです。

 

けれども、 通りすがりの方に沢山 読んでいただけているようで 本当に意外でしたし

ありがたいの一言でしかないです。

 

日々 目標や、目的もないまま、療養生活を送っていたら 何となく もっとダメになっていたかもしれません。

 

私が個人的に昔からお世話になっている方々数名にもこのブログの存在をお伝えしました。

 

中には全部読んでくださった方もいるようで、

近頃は 日々 そのありがたさと 見ていてくださる方がいる という事実だけで 生きることを頑張れているような気がします。

 

大袈裟かもしれませんね 。

それでも、人って 気持ちが弱るとどうしても

誰かに見ていてほしい 見守っていて欲しい 

 

そんな気持ちに駆り立てられるんでしょうか。

 

通りすがりでも構いません。

流し見でも構いません、それでも嬉しいです。

 

今までは強がってきたことも、えらそうな口を聞いたことも、誰かの批判をしたことも

沢山ありました。

そんな過去の嫌な自分とも向き合い   

今は 素直な気持ちを本当にそのまま書き綴っています。

本当は 読んでくださった方や    読者登録して下さったの方全員のブログを読みに行きたい気持ちはありますが、

それも追いつけず本当に申し訳ないです。

 

書きたいことが山ほどありすぎて頭がパンク状態です。(^^; 

 

なので一方通行になることもあるかもしれません。 

それでも 横目に そっと これからもこのブログを眺めて頂けたら幸いです。

余談ですが、このブログはよく商品の紹介をしますが アフィリエイトではありません。

(´・ω・`) 

通りすがりの方も、これからも横目に細々と宜しくお願いします。

私のたった1人の心友 Part①

f:id:mental_location:20180617223914j:image

 

先日 読んだ 「癒し屋キリコの約束」で私のかつての親友。

心友だったこの子のことを強く思い出した。

(本    癒し屋キリコについて  ☕️読書2書目 【癒し屋キリコの約束】感想 - こころに潤いを。)

 

彼女との出会いは 私が 転勤族であった父の都合で  今住んでいる土地に転校してきてすぐ

小3の春だった。

 

なんのきっかけだったのかは覚えていない。

でもいつの間にか 私の家に しょっちゅう遊びに来るほどには仲良くなっていたし、

記憶の片隅のそばに  だいたい存在していた。

 

気づけばいつもそばにいた。

私は テレビで見るお笑い芸人なんて 当時は殆ど知らなかったし、興味もなかった。

なのに いつの間にか その子と

「私たち2人でお笑いコンビを組もう」等と馬鹿げた話をよくしていた。 

そうですね、その子のことはここでは 

まこちゃん (偽名)   と呼びましょう。

 

まこちゃんの家はお母さんとおばあちゃん との暮らしだった。でも とても可愛がられていたように思うし 大切に一人娘として育てられていた。

 

当時小学三年生だった 私達。

まだ父親との繋がりが深かったように思うし思い入れも強かったように思う。

まこちゃんは お父さんがいないことが寂しい 

と私にいつも言っていた。

 

当時の私はまだ子供だったけど、そこは適当なことを言ってはいけない と 子供ながらに重く捉えていて あまりうまい言葉を返せてあげれなかった。

 

まこちゃんのお母さんは一生懸命 まこちゃんの為に働いていたし、おばあちゃんの家は 居心地は良かったようだが なんだか まこちゃん本人はいつもそわそわしていた。

 

本当に寂しかったのだと思う。 

私の家に遊びに来ては、2人でよくテレビゲームや 家の前の道路でバドミントンで 暑い熱戦を繰り広げていた。

 

子供って 本気だ。遊びでもなんでも。

たかがゲームでも、たかがバドミントンやカードゲームでも  負けると とにかく悔しい。

でも  私はまこちゃんとそうして いろいろな遊びに本気で熱くなれることが

本当に楽しかった。 

 

故に、大きな喧嘩もしょっちゅうだった。 

原因は沢山あったが、 そのひとつをよく覚えている。

まこちゃんが うちの晩御飯の時間すれすれまで自分の家に帰らないことだったんです。

 

今の私なら全然OK。むしろ泊まって貰ったってOKだ。

 

でも 小学三年生の私は、それをよしとしなかった。 子供は晩御飯の時間までには家に帰るものだと思っていたし、まこちゃんのお母さん達が心配する。なにより1番に  自分がお母さんに怒られるのではないかと  そこの心配も大きかった。

 

なかなか帰らない まこちゃんにイライラが募り 酷いことを言い、しょっちゅう

お笑いコンビ解散ね!!

なんて 短気な言葉を発していたのは いつも私からだった気がする。

(今更だが、お笑いコンビ など結成しておきながら ネタを考えたことすらなく  本当に仲良しとしての肩書きだった。)

本当に 私は昔から変わってない。

短気だ。  大人になった今 直そうと気をつけている。  

 

喧嘩はしょっちゅうした。 まこちゃんから癇癪を起こすことだってあった。

 

私たちはある意味 性格が似たもの同士だった。

 

だから 楽しい時は 本当に楽しかった。

 

✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・

 

まこちゃんと 小学時代に 強い繋がりがあったのは 3年生のたった1年だけ。

それから残りの3年間は クラスが離れ 

お互い それぞれに仲良しができ  繋がりは遠ざかる。

 

まこちゃんと再び繋がりが強くなったのは中学一年生の頃。

 

6年生まで仲の良かった子と 中学でクラスが離れてしまった私は 友達作りに 出遅れてしまい典型的なパターンだった。

 

小学三年の頃 転校してきて、地域の子供の 性格というか キツいイメージ 方言 に対して 怖かったし  なんだか 環境の変化に子供ながらについていけなかったんです。

 

その環境の変化のストレスか 手足の重度の多汗症にもなった。(そして今も継続中)

 

だから信用できる1人としか深く関われない付き合い方しかできなかった。

 

要するに 広く浅くができず、狭く深く しかできなかったし 当時はとても内気な性格だった。 

友達作りに出遅れてしまった為 その相手を見つけられずに  

結局私は中1の頃 クラスのいじめにあった。

その原因の多くに多汗症でいつも 手と足が びしょびしょに濡れていることも入っていた。

思春期真っ只中な 時期の子供たちは 

それはもう 私を遠ざけ、まるで ばい菌かのように扱った。

 

そういう時って お母さん同士の繋がりで、仲良くなれたりする友達っているんじゃないの?

と心のどこかで母の ママ友の関係を期待したが

本当に無駄だった。 

 

母は仕事が好きで ママ友など必要ないし、1人でも何ら平気だし 悪口を言われても全く動じない  そんな人だ。

なので 近所付き合いや そういった子供の友人関係に繋がるような 大人同士の付き合いを全くしなかった   というかできなかったのかもしれない。 

母は空気が読めないところもあるので、

もしかしたら ママ友もできなかったのかもしれない。

(思い返せば小学生の頃ママ友同士で情報を共有しあって 子供に持たせる持ち物でも  母は ママ友から外れているのか   私は皆が持たされている持ち物を持たされておらず   よく 疎外感を受けていてよそ者感が 拭い取れず恥ずかしかった。)

 

 

だから私は  1人だった。

 

そんなとき、4年ぶりに同じクラスになった

まこちゃんが そっと 声をかけてくれたのだ。

「私のグループに入れてあげる」

涙がでそうになった。 というより当時は泣いたかもしれない。  

でも 本音では 私といるとまこちゃんや

その他の子にまで いじめの火の粉が散る気配があり 私は 本音で接することができず

その行為にちゃんと応えることができなかった。

 

そして何よりも現実は厳しく、

まこちゃんの仲間内も 私が仲間に加わることをよく思っていなかったのだ。

そんなぎこちない中にいれなかった。

でもまこちゃんの気持ちは本当にうれしかった。

 

そうして私は、まこちゃんの勇気ある救いの手を振り切ってしまった

 

私は 約1年 1人でいじめに耐え続けた。

授業中に  窓際の席だった時によく男の子に カーテンを顔面にぶつけられていた。

抵抗しても 先生は見て見ぬふり 

他にも数えきれないほどもっといろいろとあったが  

 

両親も厳しかった為 不登校になることはとにかく許されなかった。

母は  強くなるしかない としかいわない。

父にはいじめにあっていることを言わなかった。怒鳴り込みにいかれたくなかったからだ。

 

そうして、中1での まこちゃんとの思い出は終わった。

 

【つづく】

この話はノンフィクション。

 

岬は高く高く 清々しい

 

おはようございます。✲*゚☕️ 

今朝は 昨日 夕方入ったプールで お腹を壊し 

痛いまま 目覚めたこころです。(げっそり) 

 

ですが、昨日はとても良い1日でした。

 

漁港へと車を走らせ

f:id:mental_location:20180617074757j:image
f:id:mental_location:20180617074801j:image

そこにはボートを懸命にこぐ小学生達の姿が!

 

大人達の掛け声と太鼓の音に合わせ

一生懸命 ボートを漕いでいましたよ!

コンクリに座り 遠目から 応援する私。 

 

自分にもいずれわが子ができれば

こういう場面は 良い思い出になるんだろうなぁと  思いにふけりながら 眺めていました✲*゚ 

 

今度 遠距離にいる相方さんがこちらの方にやってくるので、観光の下見をしたかった為に 

近頃いろいろと車を走らせてるんです゚・*:.。❁

 

おいしい海鮮丼を食べれる 施設もチェックし、

 

近くに 瀬戸内海が180度見渡せる 岬があることを知り、それを目指してさらに30分ほど車を走らせるのでした。

(高速や二号線は苦手ですが    というか、正直な話 未だに高速走ってません。(笑)    国道は大丈夫になった、ビビりなドライバーな私) 

 

国道なら山道であろうと無敵です!!

走っていると 窓からの日差しがとても暑くなりだし、 来ていたカーディガンを脱ぎ、

ノースリーブな私は

窓を前回に開け放ち、Superflyを 流しながら 

 

 

↑↑↑今ハマっているこちら

Superflyの 曲  が 曲調やテーマに沿って

3枚のCDに分けられている 豪華なアルバム

熱い曲を聴き続けたい時 

そんな時はFIRE のアルバムかもってこいですよ✲*゚✲*゚


清々しく 運転しはじめ  明らかに自分のテンションが上がっていることが分かりました。(笑) 

 

ちなみにそのときのコーデはこちら

f:id:mental_location:20180617080020j:image

ちょっとレトロなワンピでいたかったんです。

ちなみに ¥2000ちょいの安物。

基本私の服は 安物が多いです。

でも柄が好きだった。 ちょっと子供っぽいかもしれませんが、くっきりはっきりした 柄と色って好きです。

 

そしてようやくたどり着いた岬の景色は 

それはもう素晴らしかった。

f:id:mental_location:20180617080831j:image
f:id:mental_location:20180617080827j:image
f:id:mental_location:20180617080847j:image
f:id:mental_location:20180617080853j:image
f:id:mental_location:20180617080843j:image
f:id:mental_location:20180617080836j:image

 

1面どころか180度 瀬戸内海が見渡せるんです。 お天気も良かった為  海がとてもキラキラしていた。

 

近くにちょっと広い園があり そこのベンチに座りお花に囲まれながら 海を堪能する事もできるそうです。

 

が、今回はまだ咲いてなかったですね。

でもそんなことは全く気にならないほどに

1人で感動している私。

日差しが熱い、お気に入りの 麦わら帽子をもってきたらよかった。

 

でも海が  きれい。来て本当によかった

 

といろいろな気持ちで ベンチに座ろうとしたところに、

後ろのベンチで 肌を思いっきり密着させた熱いハグを交わしながら海を眺める老カップル

を発見してしまった。

戦慄が走った。

素晴らしい!!!私も将来 おばあちゃんになっても ラブラブでありたい!

 

でも何となく そのお二人の空気が海よりも眩しすぎて  そそくさと退散する私。 

傍目どころか、自分でもその場面はちょっとコントみたいな雰囲気でしたよ。 (笑)

 

1人でも こんな素晴らしい景色 感動するのだから、 誰かと一緒に見た方が もっと素晴らしいに決まってる。

今度は絶対 相方さんをここに連れてこようと心に決めました。

 

そうして、自分の街に帰ってきた私は 

プールへ行きたかった。

こんな清々しい気持ちなのだから、

そのまま水で泳ぎたかった。

そしてもう1つとっておきな 理由が。

 

 

たぶんこれだったと思います。(たぶん)

とにかく、プールの雑音が気になっていた私は 

泳ぎながら使えるイヤホンが欲しかった。

無けなしのお金でそそくさと購入した私は

これを早く使いたかった!

 

 

さてさて、ワクワクしながら さっそくBluetoothで音楽に繋げる。

 

おおっ!聴こえる!買ってよかった!

 

そうして近頃お気に入りの  ARIAの音楽を聴き プールで ウォーキングから始める私。

 

 

ARIA The ANIMATION オリジナルサウンドトラック

ARIA The ANIMATION オリジナルサウンドトラック

 

 

ウンディーネ

ウンディーネ

 

 

とても快適です゚・*:.。❁

 

ちなみに先程からやたら商品を紹介していますが、アフィリエイトではありません。

 

 

さぁ、ウォーミングアップのウォーキングも終わったところで  

泳ぐか!!と思い クロールをし始めた私。

 

とたんに、   ピーッ

と音を立てて  イヤホンから音が聴こえなくなった。

 

え?

 

なんで!なんで!!と (せっかく胸踊らせて買ったのに!) 焦ってボタンをカチカチ押し続ける私。

何か聴こえた。

 

「パワーオフっ」   なんだか美声な外国人のお姉さんのお声で パワーオフした事を告げられた。

 

とてつもなくしょげながらとりあえずプールサイドに上がって 水を飲みつつ イヤホンの様子伺った。 

 

音が復活した!!

 

納得した、これは 多少の水には大丈夫だが

流石に泳ぎながらの使用は無理なんだなぁと。

完全防水の イヤホンってなかなかないし、

何より お値段がとても高い。

 

現在 療養中という名の無職の私には 買えそうにありません。

 

でも、水に 潜りさえしなければ使えると分かった今 ウォーキングや ビート板でバタ足に専念したい時にだけ使う事に決めました。

 

そうして 上がったり下がったりしたけれど

最終的にはフラットな気持ちになり

1日を終えたのでした。

 

 

ただ、温水といえどプールはちょっと寒かった。 

 

帰ると疲れ果てて お風呂は明日の朝でいいかぁなどと 虚ろに考えながら 寝てしまっていた。

 

そして、今に至ります。

お腹は痛いし、吐き気もする。

 

これは完全に お腹を冷やしましたね (^^;

 

そして、現在 トイレとお風呂と部屋の一室を

工事中の我が家 。

 

お分かりですよね?(´-`).。o 

 

良いことがあれば こんなこともある。

 

それを思い知ったような気がします。

(明らかな自業自得です)

 

゚・*:.。❁おしまい゚・*:.。❁

 

 

☕️読書2書目 【癒し屋キリコの約束】感想

 

癒し屋キリコの約束

癒し屋キリコの約束

 

 

最初 なんと言っても 目を惹かれたのが、

油絵の色遣い、自由な背景、

ああこの人が 癒し屋さんなのかな  と思わせるような 絵表紙でした。

 

私自身 どこかに癒しを求めている気持ちからタイトルにも目がいき 手に取ったのかも知れません。

 

噂では癒し屋キリコ さん。  彼女は昭和堂 という喫茶店のオーナーである。そしてその 喫茶店雇われ店長として働いている女性 カッキー(あだ名) 28歳。 

(私と歳が近い為 ここでも親近感が。)

 

お話は カッキー視点で話が進んでいき、

キリコさんは 何よりもお酒が大好き 一見 昼間から飲んだくれているような 女性。

ただ 格段の美人で色気があるという魅力的な女性。

彼女が 進んで 癒し屋を買ってでるというよりは、 彼女にお願いすれば どんな問題も解決してくれる という噂を頼りに やってくる人達によって話が展開される 。

 

キリコさん、カッキー、とそのお店の常連さんが 依頼者の悩みを 一気団結して解決していく。

 

キリコさんは 美人だが夜の雰囲気が漂うような、雰囲気もまとっており とても癒し系のイメージを持たない。 

 

キリコさんが提案する解決案はとても意外なものばかりで、めちゃくちゃなものが多かった。

でも、キリコさんのいう言葉の一言はとても重みがあり   人の心をぐっと掴む 良いものだった。

 

でも話がとても暖かい展開へと進んでいく。

 

そんな心温まる話が続く中、キリコさんにも誰にも打ち明けていない秘密があった。

 

。oOo。.:♥:.。oOo。.:♥:.。oOo。.:♥:.。oOo。.:♥:.

 

話を読んでいくうちに、人の持つ寂しさ、人と人の心のぶつかり、救われていく人の暖かい気持ちがとてもリアルに書かれていた。

 

その人の表情、荒らげる声、

悲しむ声、焦る声、 嬉しくて流す涙

が頭の中で何度も脳内再生された。

 

 自分の 闇の部分を必死で守ろうとする人。

抱えながら認め背負う人。それを助ける人 。

夢を捨てきれない人。それを応援する人。

 

そんな人達にひたすら胸を打たれながら、

時には 自分の過去に重なる部分を強く感じ 

 

当時の自分もそうしてあげればよかった。

と 感じた。

助けてあげられなかった苦しさ、

悔しさ、 そういったものが 私にはとても印象深かった。

そしてそんな過去の自分を受け入れていく 強さをひしひしと感じた。

 

なんで自分ばっかりこんなに報われないのか 

文中でもそんな表現を使った依頼者がいた。

 

とても共感した。

でも、自分がただ息をして 寝て起きて そこにいる 

そんな当たり前なことがどれだけ 貴重なことなのか。

 

本当は自分で思っている以上に、人は自分に多くの価値を感じている。

 

幸せは 今ある小さな幸せに気づけること。

そう教えてくれた。

感動をたくさん与えてくれる 

そんな本だった。

 

親友をテーマにした話も多く

私は昔のことを思い出した。

 

そのエピソードを また、綴ろうと思います。

 

✲*゚おしまい✲*゚